妊娠中の保険がきっかけ。妊婦さんが入る保険はプランより人柄で契約するとお産が安心

妊娠したら医療保険には入れない。

そういった情報を聞いたことがありませんか?

思わぬ妊娠、初めての妊娠、出産経験者でも全く同じ妊娠はこの世に1つもありません。

お産はトラブルがつきものですから、そんな時、お守り代わりに保険に入っておくという選択をしておくと急な出費を抑えることができるかもしれません。

また、心の安定材料にもなります。

クルミ
妊婦はお守り代わりに保険は入っておくべきだと痛感しました。

妊娠して保険に入っておけば良かったと後悔した

悩みを抱える人
  • 妊娠中に入れる保険があることを知らなかった
  • 緊急帝王切開になった時の実費が痛い
  • 妊娠への理解者が欲しかった

妊娠中に入れる保険があることを知らなかった

妊娠してから、妊娠中のいつでも入れる保険があることを知っていましたか?

妊娠は病気ではないので、よく民間の保険の適用がきかないと聞きます。

妊娠中に入れる保険はない。

それが常識だと思っていました。

妊娠をしたとき、妊娠によるトラブルで手術や病気による入院のリスクを回避するために保険を探したけど妊婦はお断りな保険商品が当たり前でした。

そういった情報をうのみにしてしまっていたのですが、保険は日々、新しいプランが誕生していて、妊婦さんでも入れる保険があることを最近知りました。

まだ知られていないことが多いですが、探してみると色々あるんです。

緊急帝王切開になって初めて知った自己負担額

出産に対して、正常分娩では出産育児一時金として日本では一児につき42万円の出産費用が支給されます。

多くの場合、通常出産であればこの出産育児一時金で分娩費用はまかなわれるので保険に入る必要はありません。

妊婦検診では補助券があるので1回の検診に0円~3,000円ほどの実費負担で済みます。(病院によります。)

でも、これは通常の場合です。

私も2人目までは自然分娩で分娩費用が数万円程還ってくるほどだったので健康保険以外には入っていませんでした。

緊急帝王切開になった時の実費は15万円

しかし、3人目がまさかの緊急帝王切開

もちろん、手術なので公的な保険は適用されますが、食事代や新生児管理保育料など、通常の保険ではカバーされいない部分は自己負担です。

この入院の間で、病院によって保険適用外となる項目は多く、私は自己負担で分娩費用とは別に追加費用15万円ほどお支払いしました。

緊急帝王切開は通常分娩による入院より入院日数が長めです。

通常分娩による入院はおおよそ1週間程度の入院ですが、帝王切開は10日以上の入院日数が必要となります。

体の回復が遅ければもっと入院しなければならず、自己負担額も増えます。

3人目も自然分娩だろうと高をくくっていた結果でした。

クルミ
出産舐めてました。

妊娠への不安を相談できる人が欲しかった

妊娠・出産はパートナーである旦那さんでも理解がしにくい部分があります。

とくにつわりは人それぞれ症状が違い、味わう機会のない男性には分かってもらえない部分も多いです。

それに妊娠期はホルモンバランスの乱れで心が不安定になり、不安を感じがちです。

医療保険には出産前でも、産んでからでも赤ちゃんの悩みや自分の体の悩みなどを無料で相談できるサービスが付帯されていることがほとんどです。

しかも、医師や看護師が電話で対応してくれるのでトラブルをいち早く相談しやすく心強いです。

妊娠・出産は結局は1人でするもので、不安がつきものですが、こういったサービスも付帯しているプランがあり、相談できる人が多いと心のよりどころができます。

出産はどんなトラブルにあうか誰にも分からないから自己防衛が必要

切迫早産、吸引分娩、帝王切開などの異常分娩は、どんな人にも起こりえるトラブルです。

妊娠すると体の不調や妊娠による病気にかかったり、出産のトラブルで入院するリスクが伴います。

自分は大丈夫だろうと思っていて、緊急入院したときに、トラブルにあってからでは遅いです。

そのために医療保険というお守りを持っていれば、少なくとも出産費用に対して、お金に不安を抱く心配が減ります。

どんな保険に入れば良いのかわからない

妊娠中でも入れる保険を探し始めたは良いが、どんな保険に入れば良いのか分からない。

保険は日々、新しいプランが誕生していて、適用範囲や入れる条件、まかなわれる費用など、プランによって様々です。

保険は複数のプランを組み合わせて色んな保険でカバーしあうこともあり、1人1人、適切な医療保険は違います。

ネットでも色んな情報が落ちていて、調べれば調べるほど保険迷子になりやすく、数多くのプランを1つ1つチェックするのは時間も手間もかかります。

ファイナンシャルプランナーっという保険のプロの資格があるほどなので、どんな保険に入るか迷ったら【ほけんガーデンプレミア】に一度相談してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

ほけんガーデンプレミアをすすめる5つの理由

妊娠したお腹
  • 無料でWEBから簡単に申し込みができる
  • ファイナンシャルプランナーの質が高い
  • 本当に自分に合ったベストなプランを手間なく教えてもらえる
  • 学資保険もついでに相談できる
  • 無料相談しただけでプレゼントがもらえる

無料でWEBで簡単に申し込みができる

医療保険の相談をするにはまず、相談予約が必要です。

ほけんガーデンではWEBから簡単に保険に関する相談を無料で予約することができます。

妊娠中はつわりがひどかったり、体調が日々変化しやすく、体調不良に陥りやすいです。

出産経験者でも、上の子を見ながらなかなか人の話を聞くことや、予定を空けることが難しい場合でもネットがつながれば相談する予約を簡単にとることができます。

対面相談かオンライン相談かを選べる

相談する形は対面相談か、オンライン相談かを選ぶことができます。

対面相談の場合

ほけんガーデンはファイナンシャルプランナーの質の良さが売りです。

人柄などを重視しながら保険の相談をしたいっという人は対面相談を利用してみてください。

対面相談の場合、会って話はしてみたいけど、自宅に人を入れるのが嫌っという人もいると思います。

そんなときは近くのカフェやお店などでも指定が可能です。

※場所指定について

保険の相談は個人情報のやりとりをする場でもあるので、話に集中できないような公園や騒がしい場での面談は控える必要はあります。

オンライン相談の場合

オンライン相談ではテレビ電話ができるようにURLとキーワードが送られてきて、そこにアクセスして面談します。

ネットがつながる環境があれば家でもどこでもオンライン相談ができるようになっています。

ファイナンシャルプランナーの質が高い

ほけんガーデンプレミアのファイナンシャルプランナーは、独自の基準を満たしたプランナーと提携をしています。

保険の商品の知識はもちろんですが、それよりも重視しているのはプランナーの「人柄」です。

保険の知識だけでなく、出産経験者で妊娠に対して理解のあるプランナーさんもいたり、悩みに親身に乗ってくれたり、相談することで不安を払拭しやすい、人とのつながりを大切にしている保険会社です。

ただ保険を契約するだけなら他のサイトからでも申し込みしても同じですが、保険は人が安心して生活できるように契約するものでもあります。

担当者は知識や経験に加え、「人柄」が重視されているので、保険を契約して終わりっという関係ではなくアフターフォローも充実しています。

安心して任せられる関係を重視しているので相談もしやすいです。

本当に自分に合ったベストなプランを手間なく教えてもらえる

ネットでも妊婦さんが入れる保険は簡単に入ることができます。

できるだけ金額が安い保険に入りたいとは思いますが、ネットからの情報は古かったり、情報がバラバラだったり、偏っていたり様々です。

保険を探していると自分が入るべき医療保険はこれで本当に良いのだろうか?っと不安になります。

保険はその人それぞれに合った保険に入らなければ結局保険の適用外となってしまい、万が一のリスクに備えることができません。

調べるより、まず相談して、入れる医療保険をまず探してみるのも手です。

プロが無料で教えてくれて、自分で探す手間も省けます。

妊娠中は自分事で手一杯なこともあるので、そういった部分をお任せできると気が楽です。

学資保険もついでに相談できる

ほけんガーデンプレミアでは妊婦さんの向けの保険だけでなく、子供のための学資保険の取り扱いもあります。

保険会社をころころと変えてしまうと契約に手間がかかります。

担当者とウマが合えば合わせて申し込みやすいので気が楽です。

学資保険だけでなく、トータルなライフプランも相談できるのでわざわざ保険会社を探す手間もなくなります。

無料相談しただけでプレゼントがもらえる

ほけんガーデンプレミアでは、無料相談を利用するとプレゼントがもらえます。

その時によってもらえるプレゼントは違います。

本題は保険に入ることですがおまけでもらえると少し得した気分になります。

プレゼント例
  • パタパタあそぼう いない いない ばあ!(絵本)
  • TWONE ベビーヘッドガード 赤ちゃん転倒防止リュック ハチ
  • SWATi BATH PEARL(オレンジガーネット PINK (S))
  • あきたこまち2キロ
  • ハンドクリーム (くまのがっこう)
  • 茅乃舎 減塩 茅乃舎だし8g×5袋入
クルミ
その時によってもらえるプレゼントは違うのでチェックしてみてください。

ほけんガーデンプレミアで妊娠中でも医療保険を申し込む事ができない人

  • 現在入院中の場合
  • 帝王切開があらかじめ決まっている場合
  • 切迫早産の人
  • 前置胎盤の人

その他、体況上によっては保険に加入できない場合もありますが、上記に当てはまらなければ妊娠中でも医療保険に加入できます。

ほけんガーデンプレミアを利用するときの注意点

ほけんガーデンプレミアのプランナーは厳選されたプランナー1人1人と提携しています。

なので、プランナーの質は高いのですが、担当者によって、取り扱いのある保険が異なるので注意が必要です。

気になるプランがある場合は事前に確認しておいて、そのプランを持っているプランナーを紹介してもらうようにした方が良いです。

妊娠中は医療保険のプランだけでなく人と結ぶ契約がお守りになる

パートナーとともに歩む前向きな姿勢

妊娠は保険に入りにくいにもかかわらず、妊娠によって病気になったり、入院したり手術まで、様々なリスクに巻き込まれやすいです。

妊娠は一時的なものなので、できるだけ安いプランで内容が充実したプランを選びたいと思います。

しかし、そこでプランだけでなく重視しておきたいのが保険の担当者のファイナンシャルプランナーの人柄です。

妊娠・出産はどれも同じケースはなく、人それぞれです。

妊娠は初めてでも、何人妊娠しても不安は大きく、誰かに相談したいと思っても人間関係の希薄などから、なかなか相談できる人がいないことも多いです。

良好な人間関係は心の安定材料にもなるので、そういった基準で選んでみても良いのではないでしょうか?

ほけんガーデンプレミアの公式サイト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事