ミラーレスがきっかけ。物撮りするためのカメラはやっぱりスマホでは不十分

ミラーレスカメラを手に入れました。

写真なんて、スマートフォンのカメラで十分だと思っていました。

手軽に高画質の写真をとれるスマートフォン。

それに、自動補正機能もあるので、スマートフォンで撮った写真もキレイです。

私もそう思っていたのですが、写真専用のカメラ(ミラーレス)とスマートフォンで撮った写真はまったく別物でした。

クルミ
使ってみるとやはり、全然違いました。

ミラーレスをデジカメというと怒られる

ミラーレスをウッドキューブの撮影用にもらったのですが、そこで、デジカメ、デジカメと連呼していると、怒られました。

どうやら、カメラにも種類があるようです。

もっと詳しく調べれば色々あるのだろうけど、簡単に調べました。

カメラの種類には3つある

  • 一眼レフ
  • デジカメ
  • ミラーレス

一眼レフ

写真屋さんなどで写真を撮る時のお高そうなカメラのことです。

ごついレンズをカメラにはめ込み、高画質高品質の写真を撮る、まさにプロ用のカメラです。

撮った写真は瞬時にデータとして焼きつけるため、瞬間的な、動くものの一瞬を撮るのが得意なカメラです。

なので、写真は現像するまで確認できません。

そして、お値段もめちゃくちゃお高い。

デジタルカメラ

デジタルカメラはレンズが取り付けできないカメラで、家庭用カメラという印象が強いです。

ミラーレスのようにレンズの取り換えができませんが、スマートフォンと同じでデジタル画像に変換したものをその場で確認できます。

しょぼいデジタルカメラを買うならば、スマートフォンのカメラの方が良い画質で撮れるものもあるみたいです。

ミラーレスカメラ

一眼レフカメラよりは安く手に入れられ、レンズの取り換えでシーンに合わせてカメラをカスタマイズできます。

一見、一眼レフとミラーレスは言葉で書くと同じような気がしてきましたが、一番の違いは画像の作り方だそうです。

一眼レフは画像を瞬時にフィルムに焼き付けて残す仕組みです。

ミラーレスはその場でデジタル画像に変換し、デジタルカメラと同じように液晶モニターでデジタル画像を確認することができます。

しかし、その画像をデジタルに変換する時にタイムラグが生じます。

それによってミラーレスカメラで、撮りたいと思った時、シャッターを切っても、画像に変換する時のタイムラグが生じます。

なので、撮りたい瞬間から少しだけズレた画像が撮れるそうです。

だから、運動会やオリンピックなど、ゴールの瞬間は少しのタイミングのズレも許されないので一眼レフが使われているのですね。

ミラーレスカメラを使ってみた感想

  • 写真を比較してみると濃淡までも違った
  • 画像補正機能が充実
  • 小さいものでも焦点がズレない

写真を比較したら濃淡までも違った

同じ場所で、できるだけ同じ角度で私がお気に入りのゲームオーバーのサイコロを撮影しました。

左がスマホで、右がミラーレスカメラです。

ミラーレスカメラで撮影すると画像が大きいので小さくしてアップロードしたのですが、それでもミラーレスの方がキレイです。

木に艶があります。

ちなみに、スマホの画像の方が画質的には大きいファイルなのですが、それでもミラーレスの方が良く見えます。

画像補正機能が充実している

ゲームオーバーのサイコロをミラーレスで撮影
ミラーレスで撮影

写真補正機能スマホは写真を撮ってから編集しますが、ミラーレスなどのカメラは予め、撮りたいシーンに合わせて写真補正をかけます。

この写真は、背景をぼやかして、撮るものをよりくっきり写るように補正されたモードです。

使うカメラによっても機能は違うと思いますが、PCで画像編集ソフトなどを使う予定がない人でも、補正機能だけで十分キレイに撮影されます。

スマホでも補正機能はありますが、やはり、機能に限界があり、部分部分の補正は画像編集ソフトに頼らなければならなくなります。

手間もかかるし、加工に時間もかかり、パソコンがイジれないと厳しい部分もでてきます。

焦点がブレずらい

スマホで撮影

スマホは小さいものを撮ろうとすると少しぼやけがちです。

3cmのこのゲームオーバーのサイコロをこの画像の大きさで撮影するとなると、サイコロの焦点が中々合いません。

スマホは近づいて撮影すると若干サイコロがぼやけて見えます。

スマホはレンズが固定されているので、近くのものを撮影するときは、ピントを合わせるために、画像を拡大してピントを合わせているそうです。

だからぼやける。

スマホのカメラは近くのものを撮るには限界がありますがミラーレスなら焦点距離が短くて済むレンズを付けかえればピントがぼやけることがなくなります、

私も3cmのサイコロをスマホで撮影していて、近づくとピントが合わない事が多かったのでぼやけない写真をとるのに苦労しました。

問題は初心者に扱いきれるかどうか

ゲームオーバーのサイコロをスマホのカメラで撮影

スマホは普段使っているものなので、撮りたいと思った時に気軽に取り出せるます。

データの転送もインターネット上で共有したりファイルで添付したり手軽にやり取りできます。

ミラーレスもWi-Fiでパソコンにデータを移したり、Blutoothで写真をパソコンに送ったり、慣れればスマートフォンと同じような感覚でパソコンに画像を送れるので、コードがやパソコンがなければ画像データのやり取りができないわけでもありません。

問題は、スマホより手軽に操作ができないこと。

ミラーレスカメラは付随する機能がたくさんあるので私は扱いきれません。

すべての機能を使いこなそうとすると時間もかかるし大変なので、自分に必要機能だけを使って後はシャッターを押すだけに専念しようと思います。

クルミ
これでフォトストックのサイトでも作るかな。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

代表コンテンツ
おすすめの記事