BASEがきっかけ。ネットショップの独自ドメインは臨機応変で初心者にも扱いやすい

BASEにネットショップを開業すると、ネットショップのお店の住所であるURL(ドメイン)を無料でもらえます。

個人ショップを開業するにはコストもかからず助かるのですが、そこには1つ問題が!

BASEのドメインは独自ドメインではないため集客的にパワーが弱いです。

イコールお店を検索してもらっても表示されにくいといったデメリットがあります。

しかし、BASEの良いところは独自ドメインを設定できるところ。

BASEで個人ショップの開業するなら独自ドメインは外せない選択肢だと思います。

ドメインを新たに取得するには少なからずコストがかかるのであらかじめドメインを用意することなくショップをオープンさせることができます。

クルミ
独自ドメイン設定しました。

ドメインって何?

個人ショップの独自ドメインについてのテーマ

ドメインとはホームページやサイトなどの住所となるURLのhttps://○○○○.comでいったら○○○○の部分です。

ドメインは早い者勝ちでドメインを取得するサイトによって価格が違いますが、安ければ1円から取得可能です。

BASEオリジナルドメインの概要

ドメインは取得されていないものなら自分の好きなものを設定できますが、BASEのドメインは「好きな文字+あらかじめ指定されたドメイン」っと形式が決まっています。

BASEではこのお店のURLを登録したときから無料で使えるのでコスト0円でネットショップが立ち上げられ、個人ショップでも開業によるリスクがありません。

しかし、BASEのオリジナルドメインはSEO、つまり検索結果に表示されにくい仕様となっています。

BASEのオリジナルドメインがSEO(検索結果)的に弱いわけ

ドメインはネット上で、URLを識別するための文字列です。

同じような決まった文字列はネット上では同じサイトとして認識されてしまう。っというデメリットがあります。

BASEのような指定されたドメインは、ネット上ではどのショップも同じようサイトだと認識されやすくSEO的には弱くなってしまします。

SEO(検索結果)的に上位に表示されるためには独自ドメインが欠かせません。

独自ドメインがSEO(検索結果)的に強いわけ

独自ドメインとは何の縛りもなく、取得されていなければ自分で好きに決められるURLです。

世界に1つしかないので認識されやすく、SEO(検索結果)的に認識されやすいっというメリットがあります。

お店で言ったら個性で、サイトが差別化されます。

最後の.comも自由に選択できます。

独自ドメインは有料なので無料ドメインよりもドメインのパワーがあります。

BASEを独自ドメインで運用することの強み

BASEをモチーフにしたウッドキューブ
  • ドメイン会社を選べる
  • 既存サイトに設定可
  • URLを変えずに移転できる
  • オリジナリティが出る

ドメイン会社を自分で選べる

独自ドメインのデメリットは取得するのと更新費用が少なからずかかります。

他社のネットショップ開業サイトでは独自ドメインの取得をプランの中から設定し、月数千円の追加費用がかかるというところが多いです。

しかし、BASEではこの独自ドメインを自分で取得+更新をしなければなりませんが、どこで取得しても良く、月々にかかる費用も自分でカスタマイズできます。

既存のサイトに設定可能

独自ドメインをすでに持っている場合でも既存のサイトを設定することができます。

独自ドメインっといってもサブドメインだけっというデメリットはあります。

サブドメインは自分で取得したドメインhttps://○○○○.ドメイン.comの○○○○の部分のことです。

取得した独自ドメインの前に好きな文字を入れることができます。

ネット上で独自ドメインとサブドメインは同じサイトとして認識されます。

なので、別々にサイトを運営するより、SEO的には効果があります。

※注意

www.も設定できますが、BASEでは不具合が起きるとの報告があります。

オリジナリティが出る

ドメインは会社は自分のブランドで世界に1つしかありません。

個人ショップは個性とセンスを示す場になり、お店として個性を出しやすいです。

URLを変えずに移転できる

BASEのデメリットは決済費用が高いところ。

もし、お店に利益が出始めるとこの決済費用はとても痛い出費になります。

BASEオリジナルドメインはBASEを利用しているときにしか使えませんが、独自ドメインを持っていれば他のネットショップ移転してもサイトのURLを変えることなく移転できます。

集客には時間がかかるのでサイトの価値をそのままに移転できるのは大きなメリットです。

クルミ
だからBASEは素人でも運営しやすいです。

独自ドメインでもサイトにBASEのロゴが表示されるのがデザイン的にデメリット

独自ドメインをBASEで運用できるのは良い事なのですが、BASEはに独自ドメインを設定しても自分のサイトにBASEのロゴが表示されます。

月500円出せばロゴを消せますが、利益がないうちに費用が掛かるのはいただけないです。

しかしデザイン的に気になるので、後々消すことを考えた方が良さそうです。

BASEで独自ドメインを設定は3ステップで完了

階段状のステップのウッドキューブ
  1. 独自ドメインの取得
  2. サブドメイン取得後CNAMEレコードをcname.thebase.inに設定
  3. BASEのAppsでサブドメインの申請

この3STEPBASEのドメインが自分のショップのオリジナルドメインになります。

設定はものすごく簡単でネット初心者でも簡単に設定できます。

個人ショップでは月々に少しだけかかるのは少し痛いですが、コストがかかっていることでやる気も出ます。(私だけ?)

ネットショップを運営するならだれもがやっているSEO対策でBASEでお店を持つなら多少のリスクで独自ドメインは必須となっています。

独自ドメインを設定した後は、検索結果に出やすいようにキーワードを意識しながら更新すると集客が期待できます。

自分のショップは自分のショップで成長させることができるそんなネットショップサービスではないでしょうか?

無料ショップ開設なら【BASE】



クルミ
ネットショップ初心者でも簡単に独自ドメインを設定できます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

代表コンテンツ
おすすめの記事