絵本がきっかけ。『11ぴきのねことあほうどり』あほうどりに出し抜かれる

『11ぴきのねことあほうどり』を読みました。

11ぴきのねこシリーズを読んだ感想や、子供の反応なども載せています。

『11ぴきのねことあほうどり』という絵本がきになったら参考にしてください。

『11ぴきのねことあほうどり』のあらすじ

11ぴきのねこはコロッケ屋をはじめました。

ねこたちのコロッケ屋は大繁盛。

毎日たくさんのコロッケを作ります。

どんどんコロッケを作っていると、次第にコロッケが売れ残るように。

余ったコロッケはねこたちのお腹の中。

今日もコロッケ。

明日もコロッケ。

毎日コロッケ。

もう、ねこたちうんざり。

ねこたちはフッと食べたいものを思い浮かべます。

それは「とりのまるやき」。

おいしいとりのまるやきが食べたい。

そう思っていた11ぴきのねこたちのコロッケ屋に1羽のあほうどりが。

旅の途中でお腹を空かせているあほうどり。

ねこたちにコロッケを分けてもらえないかお願いします。

11ぴきのねこたちはというと、あほうどりが現れた時から目がピカピカ!!

もうあほうどりを食べることしか頭にありません。

家に招き入れ、コロッケを分けてあげる11ぴきのねこたち。

おなかいっぱいコロッケを食べたあほうどりが一言。

「もう死んでもいい。」

11ぴきのねこは舌なめずりを始めます。

するとなにやらあほうどりには11ぴきの兄弟がいるそうで、遠くに住むその兄弟にもおいしいコロッケを食べさせたい。

その申し出をこころよく受け入れる11ぴきのねこたち。

11ぴきのねこたちはあほうどりの兄弟にコロッケを食べさせるために旅立ちます。

もちろん狙いは「とりのまるやき」を食べることですが。

「11ぴきのねことあほうどり」を読んでの感想・考察

いつもお腹を空かせている11ぴきのねこたちです。

「とりのまるやき」が食べたいと思い浮かべていた時に、タイミングよくあほうどりが現れます。

そりゃもう、目はキラキラ輝くし、舌なめずりしちゃうのはしょうがないですね(笑)

11ぴきのねこたちはあほうどりの故郷に行って、兄弟にコロッケを食べさせた後に、あほうどりを食べてしまおう!

っという魂胆だったのですが・・・。

アホウドリの家族のもとにたどり着いた11ぴきのねこ。

家のなかであほうどりが現れるのを今か今かと待ちかまえています。

そして、1羽ずつ部屋に入ってくるあほうどり。

1,2,3,4,5,6羽・・・。

どんどんあほうどりのサイズが大きくなります。

11わぁ!!!!

もう、11ぴきのねこは戦意喪失。

11羽目のあほうどりの大きさに驚いて逃げ帰ります。

もう、あほうどりを食べるどころではありません。

しかし、あほうどりにコロッケを作って欲しいと引き止められて、しぶしぶコロッケを作る11ぴきのねこ。

あほうどりは数も“3”までしか数えられないくらい頭が悪いのですが、そのあほうどりにまんまとやられてしまった11ぴきのねこたちでした。

子供の反応は、あほうどりが現れるごとに

6歳児
あほうどりがどんどん大きくなってる。

6歳児
コロッケ作りたい。

と言っていました。

スポンサーリンク

『11ぴきのねことあほうどり』のおすすめポイント

この絵本のおすすめポイントは数をかぞえたくなる絵本というところです。

とりのまるやきが11ぴきのねこの頭の上に連想されるところ。

あほうどりが11ぴきのねこたちの前に次々、現れているところ。

子供が思わず数を数えたくなります。

ストーリーも面白いのですが、こういうちょっとしたところに知育がちりばめられているところもおすすめです。

絵本ナビなら数ページ試し読みができる

絵本ナビなら数ページ試し読みができます。

絵本ナビは、絵本や児童書、絵本キャラクターグッズのご紹介・販売をしている国内最大級の絵本情報サイトです。

レビューの数やオリジナルグッズも販売しています。

11ぴきのねこシリーズは人気なので作者の馬場のぼるさんにインタビューもしているので、作者が気になったら読んでみると楽しいです。

11ぴきのねこのグッズも取り扱っている

絵本とあわせてグッズも取り扱っています。

お店には絶対うっていないので、絵本と一緒にコレクションにして楽しんでくださいね。

 

 

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事