妊娠中、細菌性膣炎がきっかけ。皆もってる細菌ガードネレラが増えたわけ
スポンサーリンク

細菌性膣炎とは

細菌性膣炎は誰もがなるようなありふれた病気です。

女性の膣内では、乳酸菌であるデーデルライン桿菌(かんきん)が存在します。

このデーデルライン桿菌が分泌する乳酸によって膣内を酸性に保ち、他の病原細菌が増殖しないように防御されています。

膣内を守る乳酸桿菌とその他の細菌と数的にバランスが崩れたとき、デーデルライン桿菌が減少し、他の病原細菌(ガードネレラ、カンジダ、トリコモナス)が増えることによっておこるのが細菌性膣炎です。

 

膣内のバランスが崩れる原因

  • 日常のストレス
  • 膣内の洗いすぎ
  • 複数パートナーとの性交渉

 

妊娠している時はホルモンの影響で細菌性膣炎になりやすく20~30%の妊婦さんは細菌性膣炎になります。

細菌性膣炎に気づかない場合もある

細菌性膣炎の症状としては50%は無症状です。

自然治癒することもあれば、治療しなければ治らない場合もあります。

主な症状

  • 魚の生臭い臭い
  • 灰色がかった白色のおりもの
  • 外陰部や膣のかゆみ

おりもののの増加・下腹部痛・不正出血が3大症状です。

細菌性膣炎を治療しないと・・・。

  • 早産のリスクが2倍
  • 分娩後の産褥子宮内膜炎
  • 産褥熱の原因

これらのことからとくに妊娠中に細菌性膣炎になったら無症状でも早期に治療すべきです。

早産は妊娠初期に細菌性膣炎になるとリスクが高まります。

妊娠中期以降になると膣が閉じるため菌が侵入しにくい状態になっています。

中期・後期での細菌性膣炎での早産は可能性が低いという考え方が一般的です。

統計的には妊娠16週目までに細菌性膣炎が認められた場合、早産になってしまう可能性が5.5倍に、24週~37週目のときは2.8倍になると言われています。

 

私は体質的におりものが多い体質らしく、妊娠初期の頃からおりももの検査を多めにされていました。

担当医
念のためおりものの検査しとくね。

 

若葉七緒
またかぁ~。

もう、妊娠8カ月だったのと、3人目ということもあって、のんきに構えていたのですが・・・。

おりもの検査の結果

ガードネレラが異常繁殖。

自分自身に全く症状はなかったのですが、私には膣の中を不清潔にしてしまったことに思い当たることがありました。

それは、「タンポン」です。

通院している病院は検診の時に膣内消毒後いつもタンポンをします。

タンポンなんて普段使っていないため抜き忘れてしまったのです。

抜き忘れに気づいたのが翌日でした。

若葉七緒
ごめんよ、マイベビー。

 

幸い赤ちゃんの成長には問題なく、赤ちゃんも無事産まれました。

もうすぐ出産だったので、気を抜いてしまいました。

8カ月といえど、産むまでしっかり気を抜かないようにしなければなりませんね。

細菌性膣炎の治療方法

細菌性膣炎になってしまった私の治療方法です。

7日~10日間、膣錠や飲み薬を服用し、再度、分泌物を検査して完治を調べます。

 

膣錠の使い方
  • フラジール膣錠250mgを5日間、就寝前に挿入
  • 水分を含むと泡状になって膣内で溶けます

 

コツとしてはゆっくり徐々に押し込んでいくイメージです。

入れる時には勇気がいりますが、入れた瞬間から溶け始めるため入りやすいと思います。

人差し指の第2関節ぐらい入れておけば大丈夫です。

(浅いとシュワシュワっという感覚が感じやすいです。)

そして、フラジール膣錠は洗浄薬ですから、翌日薬が流れ出てパンツにつくので、ナプキンをしておくことをおすすめします。

 

飲み薬
  • フラジール内服錠250mg(メトロニダゾール)7日間、1回2錠を朝・夜飲む。

 

妊娠3カ月以内の服用禁止です。

胎児に影響を及ぼす恐れがあります。

授乳中は授乳を中止してください。

またアルコールとの飲み合わせが悪いため飲酒厳禁です。

 

妊娠中、薬を飲むのはやっぱり抵抗があって、色々調べてはみたのですが、これらの薬は一般的に産婦人科で処方されるお薬みたいです。

もう少しで出産だから本当は飲みたくなかったのだけれど・・・。

お医者さんを信じて飲みます。

嫌だけど・・・。

また、妊娠初期で薬が飲めない場合は3カ月以降に飲み薬を、それまでは胎児に影響がない膣錠を使用するみたいですね。

私の場合は妊娠後期だったので薬の影響はないらしいです。

効薬が効けば2~3日程度で症状はなくなります。

細菌性膣炎は再発しやすいものですが、私が膣トラブルに見舞われたのは後にも先にもこれだけです。

もし、細菌性膣炎になってしまっても、今回のように医師がすばやく対応していれば赤ちゃんへの影響も最小限に抑えられます。

若葉七緒
妊婦検診ありがとう。

改めて、妊婦検診の大切さを実感した事件でした。

細菌性膣炎になっても膣錠と飲み薬ですぐに治るので安心してくださいね。

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事