STORES決済がきっかけ。簡単でどんなお店でもキャッシュレス化で利益の底上げに

STORES決済とは、以前はCoiney(コイニー)と呼ばれていたキャッシュレス決済サービスです。

お店にキャッシュレス決済を導入しようと考えたとき、導入費用や準備物などのコストがかさみますが、STORES決済で用意するのはスマホやタブレットなどの端末だけ。

導入コストも0円で始められるので、キャッシュレスをお店に取り入れたいけど、コストがかかるのはちょっとっという人でも手が出しやすいキャッシュレス決済のツールの1つです。

クルミ
お店にあると便利ですよね。

キャッシュレス決済って何?

キャッシュレス決済とは、クレジットカードや電子マネー、バーコード決済等、現金以外で支払う決済手段全判のことです。

スーパーなどの現金をカードの中に入れる決済なども含まれます。

現金だけの決済より決済手段を増やすことで店舗の使い勝手を良くするとこができます。

現金主義だった人も、決済手段によって購入金額に対してポイントがつくので今後もどんどんキャッシュレスは進みます。

キャッシュレス決済のメリット

  • 時短になり作業の効率がアップ
  • 非接触で衛生的
  • 利益が増える見込みあり

時短になり作業の効率がアップ

キャッシュレス決済を取り入れるとお金のやり取りがスムーズです。

お金の受け渡しは以外と時間がかかり、お金を出す方と受ける方、もたつけばもたつく程時間がかかります。

また、お釣りを渡す必要がないので釣銭間違いのトラブルを未然に防止できます。

釣り銭の両替も少なくて済むので雑務が減り作業の効率がアップします。

非接触で衛生的

お金は色んな人を渡り歩いているので、あまり清潔ではありません。

キャッシュレスは非接触でお金のやり取りができ、衛生的で感染症予防にもなります。

利益が増える見込みあり

商品を買う時、現金の持ち合わせがなく購入を断念する人も中にはいます。

その人がまた足を運んで購入してくれるとは限らないので、現金だけの決済だと利益を取り逃がす可能があります。

その点、キャッシュレス決済を導入していれば、お金がその場になくても決済でき、多額の現金を持ち歩く必要がないので、決済する側のお財布の紐もゆるいです。

買うつもりがなかったけど、お金を払えるから買ってしまおうって人も商品を買ってもらえます。

スポンサーリンク

キャッシュレス決済はどこが良い?

キャッシュレス決済にも色んなツールがありますが、STORES決済はネットショップや店舗運営を主体として運営しているSTORESが提供しているキャッシュレス決済なので認知度も高いです。

会社としても大きく実績もあります。

必要なものは、インターネットに接続できるスマホやタブレットなどのモバイル端末と決済端末だけで、今すぐにでも導入できるキャッシュレス決済となっているのでお手軽です。

キャッシュレス決済を取り入れてみたいけど、準備物が心配になりますが、STORES決済は初期導入コストがかからず、使わなければ費用がかからないので、とりあえずキャッシュレス化しとくか!っという人には最適だと思います。

STORES決済の特徴

  • 初期導入コスト&維持費用無料
  • 端末が持ち運び可能
  • 決済手数料が安い
  • セキュリティは国際基準
  • 操作が4ステップで完了



初期導入コスト&維持費用無料

STORES決済は専用の決済端末が必要になります。

通常なら決済端末は19,800円しますが、STORESでは不定期にキャンペーンを実施中で、期間中に新規申込み&審査通過で端末台が1台分無料になります。

初期費用・固定費用も無料で決済時だけ手数料がかかるので、使わなければ費用がかかりません。

利用したいと考えるなら絶対にキャンペーン期間中に申し込まなければ損です。

決済端末が持ち運び可能

決済端末の仕様
サイズ103×71×18(mm)
本体118g
電池リチウムイオン電池(800mAh)
充電方法USB給電

決済端末は縦103×横71×高さ18(mm)で非常にコンパクトです。

場所も取らず、内部にバッテリーが内蔵してあるのでコードレスで使うことも可能です。

端末はUSB充電でパソコンやモバイルバッテリーのUSBポートに接続して充電することも可能です。

持ち運びができるのでレジまで足を運んでもらわなくても、個室や車の移動販売でも手軽に決済できます。

バッテリーの寿命の目安
1日の50決済利用の場合で5年ほど(10万回決済利用)バッテリー消耗による買い替えとなる見込みです。

決済手数料が安い

支払方法手数料
クレジットカード3.24%(VISA,Mastercard,Amex,WeChat Pay)
3.74%(JCB,Diners,Discover)
電子系交通マネー1.98%
QRコード3.24%

業界最安値をうたっているだけあって手数料は安いです。

STORES決済はこの決済手数料だけしか費用がかからないので、この手数料の安さは嬉しいです。

セキュリティは国際基準

決済端末で不安なのがカードなどの個人情報などが残ってしまうことです。

STORES決済は端末や同期しているスマートフォンでもカード情報などの個人情報が保存されないため不正利用が行われる心配がありません。

国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSに準拠し、通信時の情報は高い強度を持つ標準暗号化方式「トリプルDES」と暗号鍵方式「DUKPT」を使用しています。

正直セキュリティの国際基準は分からないのですが具体的には、PCI DSSはクレジットカード業界のセキュリティ基準でカード会員情報を適切に管理するために、6つの項目を設け、それを維持管理しています。

セキュリティ基準6つの項目を巡視
  1. 安全なネットワークとシステムの構築と維持
  2. カード会員データの保護
  3. 脆弱性管理プログラムの維持
  4. 強力なアクセス制御手法の導入
  5. ネットワークの定期的な監視およびテスト
  6. 情報セキュリティポリシーの維持

簡単に言うと国際基準のセキュリティ条件を満たすために、情報の暗号化方式「トリプルDES」取り入れ、決済端末機とサーバーの間のやり取りは「DUKPT」っという機密情報が伝送されるたびに毎回新たに生成される一度だけ使える暗号鍵で処理しています。

こういった技術を取り入れることでカード情報は端末に保存さず、スマホにもデータが残らず、不正利用が行われる心配が少ない方式です。

セキュリティ対策はどんな方式を採用しても100%安全ではないですが、データが残らない方式をとっているので安心感があります。

操作が4ステップで完了

  1. 金額の入力
  2. 支払方法の選択
  3. 決済
  4. 決済手続き完了

STORES決済は操作性が簡単です。

やり取りが簡単なので作業の効率化がアップし、売上機能で過去の売上を一覧で表示したり、売り上げの詳細や表示、取り消しなどもできます。

STORES決済のデメリット

  • アプリがダウンロードできる端末がないと使えない
  • レシートを印刷するにはプリンターが別途必要
  • 振込手数料がかかる場合もある
  • 決済端末に寿命がある

操作が簡単で、決済手数料も安い、初期導入コストや維持費用もかからないSTORES決済ですが、どんなものにもデメリットはあります。

アプリがダウンロードできる端末がないと使えない

STORES決済を使用するためにはSTORES決済アプリと決済端末をBluetoothで接続する端末が必要です。

Wi-Fiなどの環境も必要ありませんが、アプリがダウンロードできる端末がないと使えません。

androidでもISOでもアプリがありますが、スマホやタブレットでもいろんな機種が存在するので、端末によってはアプリが正常に起動しないこともあります。

また古すぎる端末はアプリがダウンロードできない仕様になっています。

古い端末ではアプリがバージョンアップできない場合もあるのでセキュリティ面を考えるなら我慢してアプリダウンロードでき、バージョンアップできる端末の準備が必要です。

また、STORES決済では交通系電子マネー決済も対応していますが、Apple系のデバイス(iPhoneまたはiPad)でないと決済ができません。

STORES決済の全ての決済方法を使いたいならApple系の端末を用意した方が良いです。

レシートを印刷するにはプリンターが別途必要

STORES決済はペーパレス決済サービスです。

なのでレシート発行には対応していません。

レシートは受付完了後にメール送信ができるので、ペーパーレスにもつながりますが、カード決済など、控えを希望する人も中にはいるのでレシート印刷をする場合は別途プリンターが必要になります。

領収書などはもちろん手書き発行で紙で明細を出したい場合は準備が必要です。

振込手数料がかかる場合もある

売上金を受け取るときに気になるのが振込手数料です。

STORES決済は自動入金に設定していれば手数料は無料ですが、手動入金に設定していると売り上げが10万円未満の場合、振込手数料200円がかかります。

自動入金サイクル(当月末までの売上が翌月10日に金額確定し、20日に登録口座へ入金)まで待てないという人は少し痛い出費です。

決済端末には寿命がある

決済端末は充電式なので内蔵のバッテリーの寿命があります。

持ち運びは可能ですが、内蔵バッテリーはスマートフォンなどと同じように使えば使うほど劣化が早まります。

端末は保証期間終了するとバッテリーの劣化での端末の交換はできないので持ち運びが可能でも、常に充電し、バッテリーの劣化を防がなければなりません。

例え決済で持ち運んでも使い終わったらすぐ充電器に接続するなどして、バッテリーの劣化を防いでください。

充電は、パソコンやモバイルバッテリーからでも充電ができますが、コンセントからの充電が一番早くトラブルが少ないです。

コンセント以外からの充電だと充電に時間がかかったり、パワー不足が原因で画面のフリーズが起きます。

利用したいときに端末の充電不足でSTORES決済ができないっということにならないためにも常に充電しておける環境が必要です。

端末代無料は新規申し込みの1度だけの特典なので買い替えのコストがなるべくかからないように注意してください。

キャッシュレスを実現したいなら導入しておいてもデメリットはない

CASHLESSのウッドキューブとスマホ

今時、現金だけの決済しかない店舗はもはや時代遅れです。

必要となる費用は決済手数料だけで、仕事の効率化もアップし、店舗にこういったツールを導入していると顧客のニーズに応えることができ、顧客の満足度もアップします。

他にもキャッシュレス決済のツールはありますが、まずは、導入への壁が低いSTORES決済を導入しておいてみても何もデメリットはないのではないでしょうか?

クルミ
キャッシュレス決済はもはや必需品ですね。

STORES 決済 (旧:Coiney)|キャンペーン中



スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事