出産後の手続きがきっけ。14日以内にしなければならない出生届とは

赤ちゃんの名前は決めましたか?

出産後、まずやらなければならないのは【出生届】です。

提出期間なんと14日以内。

名前は一生つきまとうものなので、カワイイ我が子のためにもいい名前を付けてあげたいですよね。

手続きをスムーズに行わないと罰金を払うこともあるためしっかりと準備しておきましょう。

また、名前が期限内に決まらなかった場合は名前欄を保留もしくは空欄のまま出生届を提出できます。

名前を空欄で出した場合、名前が決まり次第すぐに「追完届(ついかんとどけ)」という書類を提出して手続きが完了します。

しかしこの場合、その痕跡が戸籍に残ってしまいます。

子供が将来自分の戸籍を見た際に気づかれてしまいますので、よほどの理由がない限り、期限内に名前を決めましょう。

 

出生届とはなんぞや?

生まれた赤ちゃんに戸籍を登録する手続きです。

これを市役所に届けてはじめて「名前」「住所」「戸籍」が赤ちゃんに与えられます。

 

スポンサーリンク

≪命名≫名前をつけるのに使える文字

  • 常用漢字
  • 人名用漢字
  • ひらがな
  • カタカナ

法務局のホームページ「子の名に使える漢字」を参照。

使える漢字か分からない場合は届け出をするときにあらかじめ窓口へ問い合わせておくと良いです。

もし使えない場合は手続きが遅れてしまいますので。

 

※名前の読み方(フリガナ)は戸籍には記載されません。

読み方は法律では規定されていないので、自由自在に変えられます。

 

注意点

名前は丁寧記入しましょう。

「とめ、はね、はらい」なども気を付けて正確に書かないと書き直しになります。

 

提出期限は2週間!!

出産日を含め14日以内(国外での出産は3カ月以内)

 

14日目が役所の休日の場合、その日以降の最初の開庁日です。

夜間休日受付窓口では14日目が市区町村役場の休日だった場合や早朝夜間などの時間外でも提出することのできる地域もあります。

 

注意点

期限をすぎても届け出は受理されますが、戸籍法第135条によると正当な理由がなく提出期限に提出できなかったときは場合によっては5万円以下の過料(罰金)を簡易裁判所へ支払わなくてはいけないこともあります。

出生届はどこでもらえるの?

出生届の用紙は役所にありますが、出産した病院で出生証明書と一緒に退院時にもらえることがほとんどです。

法務省の出生届〈記載要綱・記載例

 

出生届の提出に必要なもの

  • 差出人の印鑑(シャチハタ不可)
  • 届け出をする人の身分証明書
  • 母子手帳(※)
  • 記入した出生届
  • 医師から発行された出生証明書

 

※出生届がされたという出生届済証明が発行されます。

母子手帳に張り付けられるので忘れないように持参しましょう。

提出先

住民票のある地域か本籍地の市区町村役所です。

里帰り中は赤ちゃんが産まれた地域の役場でも大丈夫です。

 

届け出る人は?

基本的には両親です。

届け出をする義務があるのでなるべく代理人にはしない方が良いですが、もし行くことができないのであるならば、代理人でも大丈夫です。

提出するだけなら代理人でもできますが、書類に不備があった場合、訂正できないので、両親どちらかが提出した方が良いでしょう。

 

出生届のまとめ

出生届は出産日を含めて14日以内と短めです。

また、お母さんは出産後で体調は安定してませんし、新生児を連れて役所へ届け出るのも大変ですよね。

なのでできればお父さんにお願いできるなら、お父さんの初仕事としても良いのではないでしょうか?

 

若葉七緒

わたしも出生届は自分では出したことがありません。

 

3~4時間ごとに起きる赤ちゃんのお世話。

 

出産後の会陰切開の傷の具合。

 

産後は骨盤状態や悪露のため何かと体調が安定していないし、疲れやすいです。

 

そして無理をすると、骨盤がズレて固定されてしまい、腰痛などの原因になってしまうことも。

 

産後の静養を甘く見ていると、身体はずっと不安定なままです。

 

産後の回復が順調でも、最低2週間は安静にして3週間前後で家事などで体を慣らし、1カ月程度でもとの生活に戻るというのが理想です。

 

そのころには悪露もだいぶ落ち着いている(早いともう終わっている人も)ので体も動かしやすいでしょう。

 

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事