Adobe Stockの税金フォームがきっかけ。W-8BENの記入箇所や報酬を受け取る条件など

Adobe Stockはアメリカの会社なので、所得税はアメリカの法律に従って徴税されますが、自身が日本在住である場合はアメリカの居住者ではないことを証明すると税金がかかりません。

そのためには「W-8BEN」という税金フォームに入力する必要があります。

個人で副業としてAdobe Stockで利益を得たら税金に関する手続きをしておくと、報酬リクエスト)を受け取る時に慌てずに済みます。

クルミ
英語表記ですが、記入するところだけ抑えておけば大丈夫です。

Adobe Stockの税金フォームは「W-8BEN」

Adobe Stockのコントリビューターのマイプロフィールにタックス情報の欄があるのでそこから税金フォームを入力できます。

日本在住で個人でのAdobe Stockを利用する場合はほとんどの場合「W-8BEN」という税金フォームです。

「W-8BEN」の入力すべき箇所

Adobe Stockの税金申告フォーム
Adobe Stockの税金申告フォームより

英語なので「ゲッ」っと思われる方も多いと思いますが、入力する部分は決まっているので安心してください。

Adobe Stockの税金申告フォームは入力するところは※で指定してくれているのでわかりやすいです。

Name of Individual who is the beneficial owner

adobeの税金フォームの記入箇所

自分の名前をアルファベットで入力します。

英語表記なので名前・氏名の順でローマ字入力です。

Country of citizenship

選択制になっていて、Japanを選択します。

Permanent residence address~

居住地を入力します。

上の段に番地や部屋番号。

下の段に都道府県を記入します。

英語が苦手な人は住所変換サイトを使えば簡単です。

countryはJapanを選択します。

住所を英語表記に簡単変換 - 君に届け! (kimini.jp)

Date of birth(MM-DD-YYYY)

自分の誕生日を入力します。

「月ー日ー西暦」の順番で入力します。

クレジットカードの有効期限と同じです。

I certify~

Japanを選択します。

Sign Here

Adobeの税金申告フォームの署名欄

オンラインで署名することに同意するチェックボックスにチェックを入れた後、署名します。

日本語のサインでOKです。

署名した下段にPrint name of signer(サインした名前はなんなのか)があるので、サインした名前を英語で記入します。

クルミ
英語が苦手な私でもできました。

Adobe Stockの税金フォームは報酬を受け取るために必要な証明書

この税金フォームは提出していないとAdobeからアメリカの法律に従い、最大30%課税が課せられます。

30%はかなり痛いです。

税金を引かれないためにも、Adobe Stockで稼いだら必ずやっておくべきことなので、報酬がたまったら時や、時間があるときに手を付けてみてください。

Adobe Stockの報酬を受け取るために必要な条件

  • 最低報酬支払額($25)に到達している
  • アカウントに検証済みの税金フォームが記録されている
  • Adobe Stockの販売開始から45日が経過している
  • PayPal,Payoneer,Skrillのアカウントがある

ちなみにAdobe Stockでの報酬を受け取る手続きの条件に税金フォームの記録は必須となっています。

以下Adobe Stockで報酬を受け取る条件です。

最低報酬支払額($25)に到達している

Adobe Stockの最低報酬支払額は$25です。

日本円に換算すると約3,500円に届かないくらいです。

アカウントに検証済みの税金フォームが記録されている

W-8BEN」のことです。

アメリカの居住者でないことの証明として税金フォームを提出する必要があります。

Adobe Stockの販売開始から45日が経過している

Adobe Stockは最低で写真やイラストなどの販売をしてから45日が経過していることが条件です。

1カ月半で$25に到達する人は強者ですが、最初の45日を経過して入れば後は$25の報酬を受け取るタイミングはいつでも良いです。

PayPal,Payoneer,Skrillのアカウントを持っていること

Adobe Stockの報酬はPayPal,Payoneer,Skrillからしか受け取ることができません。

日本で馴染みのある電子マネー取引はPeyPalなのでPayPalのアカウントが日本語対応で開設しやすいです。

ちなみに、PayPayでは5万円以下の引き出しに250円の手数料がかかります。

なので引き出す場合は手数料無料の5万円からですね。

250円取られるなら電子マネーで使った方がお得って気がします。

Adobe Stockで報酬は発生してから受け取ることを考え始めても遅くない

adobeのストックフォトは最低報酬支払額最低額$25を超えれば報酬の支払い請求(リクエスト)はいつでもできます。

Adobe Stockの素材1点あたりの最低報酬額は$0.33で、日本円に換算するとおよそ30円前後の利益が期待できます。

Adobe Stockは購入者のプランによって支払額が変わりますが、このプランは月350枚プランの人での計算なので、それ以外の人から買われるとそれ以上の報酬が期待できます。

Adobe Stockの最高報酬は画像やイラストだと日本円で430円くらいなので、このプランの人がおよそ8回買ってくれれば報酬を受け取ることができます。(計算はすべて$計算なので変動します。)

そうはうまくはいかないとは思いますが・・・。

Adobe Stockはペイパルで報酬支払となるので電子マネー取引に慣れていない人は最初は戸惑ってしまいますが、Adobeで報酬が発生してからでもアカウントを取得しても遅くはありません。

ストックフォトビジネスは写真をアップロードしておくだけでお金になるのでお手軽といえばお手軽なので挑戦しておいても良いのではないでしょうか?

Adobe

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

代表コンテンツ
おすすめの記事