絵本がきっかけ。『11ぴきのねこ』団結力があるのらねこたちの一番最初の物語

『11ぴきのねこ』を読みました。

たくさんある11ぴきのねこシリーズですが、この物語が一番最初です。

中国地方の子守歌「ねんねこさっしゃれ」や「たいりょうぶし」の歌を交えながらおはなしが進む『11ぴきのねこ』

この物語はどういう結末を迎えるのでしょうか。

 

『11ぴきのねこ』のあらすじ

1匹のちいさなさかなが落ちていました。

11ぴきののらねこたちはいつもお腹がペコペコ。

そんな時でものらねこたちはさかなを取り合いなんかせず、11等分に分け合います。

そんなある日、山のずっとむこうの湖に怪物みたいな大きな魚が住んでいるときいて、湖へ。

何度も大きな魚にはねとばされてもねこたちはあきらめない。

島の上で寝ていた大きな魚に「ねんねこさっしゃれ」を歌って寝ていたすきに捕まえました。

怪物みたいな大きなお魚を持ってかえって自慢したい。

「ぜったいたべない!」っと約束したけれど・・・。

「11ぴきのねこ」感想&考察

11ぴきののらねこたち。

本当に仲がいいですね。

腹ペコなのに、小さな1匹の魚でさえ、11等分にして分け合うなんて、絆があればこそです。

11匹もいれば仲間割れしてもよさそうなんですが、こののらねこたちはいつも一致団結しています。

怪物みたいな大きな魚の湖に行くときも。

大きな魚に挑むときも。

怪物みたいな大きな魚をつかまえるときも。

魚を運ぶ時も。

みんなに見せるまで「ぜったいたべない」っと約束した11ぴきのねこたち。

くらーい夜がやってきて、夜が明けると魚は骨だけに・・・。

5歳こども
食べちゃった

3歳こども
あーあ。

 

ばつぐんの団結力!!

お約束をやぶるときも11ぴき、一緒です。

みんなでやれば怖くないですね。

これがあだになるケースもあります。

スポンサーリンク

この絵本のみどころ

『11ぴきのねこ』 のみどころは大きな魚を食べてしまったところです。

くらーい夜が明けると生け捕った魚が骨だけになった場面は子供たちも絵本の中でも「あーあ。」っと同じ言葉をいってしまします。

食べた場面は1つもかかれてなくて、骨だけになった魚と、ふくらんだ11ぴきのねこのおなか。

絵はかかれていなくてもねこたちのようすで分かってしまいます。

もう1つのみどころとしては11ぴきのねこと大きな魚がたたかう場面。

結構迫力のある絵なのでぜひ、みてみてくださいね。

他のレビューを見たいなら

絵本ナビがおすすめです。

絵本ナビは、絵本や児童書、絵本キャラクターグッズのご紹介・販売をしている国内最大級の絵本情報サイトです。

レビューの数やオリジナルグッズ。

11ぴきのねこシリーズは人気なので作者の馬場のぼるさんにインタビューもしています。

「ねんねこさっしゃれ」っという言葉は初めて聞いたので、どこ出身なんだろう?っと興味がわきますね。

11ぴきのねこのグッズも取り扱っている

絵本とあわせてグッズも取り扱っています。

お店には絶対うっていないので、絵本と一緒にコレクションにして楽しんでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事