カンガルーケアがきっかけ。希望する・しないとデメリットはあるのか

3人出産したけど、カンガルーケアができなかった若葉七緒です。

出産するときにカンガルーケアを希望するか、しないか聞かれて迷う人って結構いると思います。

カンガルーケアは母乳の出も良くなるなどのメリットもありますが、リスクもあるので病院の説明を聞いてしっかり把握しておきたいものです。

スポンサーリンク

カンガルーケア(早期母子接触)とは

母親が赤ちゃんを胸に抱き、お互いの肌と肌を密着させ、保温と授乳行うことです。

その姿がカンガルーの子育てを連想させることから「カンガルーケア(早期母子接触)」と名付けられました。

1970年代、南米コロンビアの病院で始まったカンガルーケア。

当時のコロンビアでは新生児医療の設備が整っていなかったので、保育器不足に悩んでいました。

そのため、1つの保育器に2人以上の赤ちゃんを寝かせた結果、院内感染を起こすこともあったため代替え案のために考えられた保育方法です。

代替え案であったカンガルーケアですが、調査の結果、予想以上の効果がありました。

新生児の低体重・栄養不良、感染症リスクが改善に向かったのです。

更に母親の養育放棄も減少したことが判明し、赤ちゃんへの愛着も増すことがわかります。

こうしてカンガルーケアは、発展途上国を中心に、低出生体重児のケア方法として多国で実践されるようになります。

先進国である日本では
先進国である日本でのカンガルーケアの位置づけは、保育器の代わりではなく愛着形成を図ることを目的として行われています。

病院によって時間はさまざまですが、30分~2時間程度行うようです。

カンガルーケアの効果

  • 母乳が出やすくなる
  • 赤ちゃんが安心感を抱きやすい
  • 赤ちゃんへ愛情が湧く

愛情ホルモンと呼ばれるオキシトシンはスキンシップによって分泌されます。

産後すぐに赤ちゃんと早い段階で触れ合うことによって、このオキシトシンの分泌が促されるのです。

このオキシトシンは筋肉を収縮させる働きがあり、出産後の乳腺周辺の筋肉を収縮させ、それによって乳腺小葉にたまった母乳を乳管に押し出しています。

赤ちゃんがおっぱいを飲むと、母親の体内からオキシトシンが盛んに分泌され、母乳が出やすくなることは科学的に証明されてるのです。

カンガルーケアは絶対に必要なものではない

カンガルーケアというのが本来は低体重児向けのケア方法です。

絶対に必要な物ではありません。

これにはカンガルーケアの問題点もあるからなのです。

  • 赤ちゃんの呼吸ができなくなる
  • 赤ちゃんの体温が下がる
  • 転落

カンガルーケアをするときは赤ちゃんの容体が安定していて、医師からの許可があって実施されます。

しかし、産まれて間もない赤ちゃんの呼吸は不安定で、容体も急変しやすいです。

カンガルーケア中に赤ちゃんの呼吸が弱くなったり、止まってしまうといった事例も報告されています。

体温調節もまだまだ未熟なため、低体温症に陥りやすいといったリスクもあります。

赤ちゃんを移動させたりしていると、転落の危険もともないます。

出産直後のお母さんは出産で疲れているので判断力が弱っていて、手がすべった!っという事故にもなりかねなません。

カンガルーケア中、看護師さんや助産師さんは片づけなどで、そばにはいません。

この間に何か赤ちゃんにトラブルがあっても、母親は産んだばかりなので気づけないことも多いのです。

カンガルーケアを希望する・しない?

私は3人出産して、3人とも希望しました

しかし、できませんでした。

ユニセフやWHOによる共同声明「母乳育児成功のための10か条」ではカンガルーケアを推奨しています。

後になって考えてみると、カンガルーケアで訴えられることもあるため(経過観察を怠った)病院側もやって欲しくないのが本心なのではないでしょうか。

1人目

前期破水にて出産。

後に分娩する人がいたため、時間がなくて赤ちゃんを抱っこすることなく連れていかれました。

手に軽く触れてお別れだったので、少し寂しかったです。

出産して落ち着く間もなく、車いすでベッドに移動させられました。

2人目

前期破水にて出産。

出産後、他に出産者がいなかったので、分娩室でゆっくりできました。

その間、赤ちゃんはタオルに包まれて左上に置かれているだけで、手を握ったりほっぺたつっついたりするだけでした。

一応、ナースコールは近くにありましたが、私はただ、赤ちゃんを見つめているだけでした。

3人目

帝王切開にて出産。

麻酔も効いてるし、全裸だったため当然ながらできませんでした。

 

実質、私がカンガルーケアをする可能性があったのは2人目の時だけでした。

病院側も忘れていたのか、やらせたくなかったのかどうかわ分かりませんが胸に抱っこしたりはしませんでした。

病院もカンガルーケアは肌と肌を密着させなくても少し触ったりする程度で良いと考えていたのかもしれません。

カンガルーケアらしきものはしていないですが、当然ながら愛着は湧きます。

初乳をあげる時がやっと母親になったんだなーっと実感する時です。

入院中も授乳の時間が赤ちゃんに会える時間なので毎回楽しみになります。

自分のおっぱいを吸っている姿を見ると、愛おしくてたまらなくなります。

気になる母乳の出は?

私は3人目を母乳で子育て中ですが、3人共完全母乳です。

体質ももちろんあると思いますが、カンガルーケアをしなくても母乳は出ます。

出産3日後ぐらいからおっぱいガチガチで、入院中も痛くて辛い思いをしました。

帝王切開の時は、初乳を飲ませるのが遅かったので、おっぱいも吸わせるまでは全然張りませんでした。

でも、吸わせてからはガチガチで、冷やしていないと辛いぐらい張っていました。

母乳の出を左右するのはやっぱり吸わせることなんですね。

母乳の出は産後1週間が勝負と言われています。

3人目は黄疸が強かったので、私が先に退院したのですが、その時はさすがに母乳の出が悪くなりました。

おっぱいが吸われないので、母乳の生産をストップさせたようです。

しかし、赤ちゃんが退院してから、頻繁に飲ませていると元のおっぱいに戻りました。

カンガルーケアでの母乳への効果は母乳を早く出すためであって、母乳の量はあまり関係ないように思います。

母乳を出したかったら、吸わせるのみ!!!!なのです。

 

カンガルーケアをしないことでのデメリットほぼない

カンガルーケアの目的は愛着形成なので、リスクがあるなら私はしません。

これは後から考えたことですが、しなくても全然OKだったなぁ~っと思いました。

また数時間後には会えますので。

妊娠中、食べ物に気を使ったり、辛いつわりを乗り越えてやっと出会えた我が子ですもの、愛着が湧かないわけないです。

遠くから眺めているよりも、カンガルーケアをした方が愛着が湧きやすいです。

母乳の出も早く吸わせた方が、早くから出始めます。

でも、出産直後でなくても、赤ちゃんと自分の状態が落ち着いてからでも十分だと私は思います。

もし、愛着を持てるかどうか自信がないというのならやった方がいいと思います。

ここに訪れてきた人はそんな不安はないと思いますけど。

カンガルーケアをするときは病院から必ず説明がありますので、しっかり理解して希望するかしないか、決めたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事