BLがきっかけ。「アツく抱きしめて」はピッコマで読める、2つバージョンがあるから注意

このブログではBL好きだと公言しています、若葉七緒です。

只今、絶賛「ピッコマ」ハマり中です。

ピッコマは、待てば1日1話、無料で漫画が読めるサイトですが、漫画によっては絵が色付きできれいな物もあります。

韓国の会社が運営しているので、韓国の漫画も多いのですが、日本の漫画ももちろん待てば無料で読めます。

そして、つい最近、ピッコマでしか読めない漫画だったので、我慢できなくてピッコマで課金してしまいました。

今回課金したのは「アツく抱きしめて」という韓国の漫画です。

若葉七緒
BLに興味のない人はスルーしてくださいね。

「アツく抱きしめて」という漫画の物語

生まれつき低体温体質の真神壱誠は一度も温もりを味わったことのない人生を送っていた。 そんなある日、バーで偶然出逢った男、北世慈温に触れられて生まれて初めて人の温もりを感じる。 自分の生命維持に慈温は欠かせないと思った壱誠は独占欲を隠せなくなっていく。 一方不純な目的で近づいた慈温も温もりを求める壱誠に段々とのめり込んでいくが… ぶつかり合う二人のアツい関係が今始まる!

ピッコマ 「アツく抱きしめて」のあらすじより
真神壱誠

熱を感じる事ができない真神壱誠は、真夏でもマフラーが必要な程、体は冷え切っていて、いつも凍えて生活を送っていました。

しかし、偶然バーで出会った男から手を握られ、その男からは温もりを感じることができました。その男が「北世慈温」です。

スキンシップが激しくなればなるほど伝わってくる熱も多くなることが分かり、この温もりを離すまいと北世慈温に執着し始めます。

最初は温もり欲しさに独占欲の塊の真神壱誠だったのですが、次第に「北世慈温」という男に温もり以外のものを感じ始めます。

北世慈温

護衛である「北世慈温」はある目的のために真神壱誠に近づいていました。

その目的とは情報を盗む事

北世慈恩は産業スパイだったのです。

身体を差し出す形でうまく護衛として真神壱誠に近づくことに成功した北世慈温ですが、スパイ活動をすることに戸惑いや葛藤と戦っていました。

彼もまた、家族を守るために脅されて仕方なくスパイをしていたのです。

真神壱誠から毎回身体を求められる北世慈温ですが、共に過ごしている日々の中で真神壱誠の温もりを求めていくことになります。

若葉七緒
この2人の物語です。

この漫画をピッコマで買ったわけ

  • ピッコマしか配信していない
  • フルカラー
  • Web限定版とモバイル版がある

ピッコマしか配信していない

この漫画は韓国の漫画なので、ピッコマ限定で配信しています。

ピッコマでしか読めません。

なので、読みたいならピッコマで買うしかないです。

フルカラー

韓国の漫画って電子書籍が多いのか、フルカラーの物が多いです。

「アツく抱きしめて」は全てフルカラーです。

この漫画、私はあまり絵が好きではありませんでした。

それが原因でしばらく読まないでいたのですが、20話当たりぐらいから絵が凄くキレイになっていて、フルカラーだからより漫画がリアルに感じます。

今思えばこれも作画された人の思惑なのかな?っとも思いますが、心が惹かれ合い始めた当たりで絵もキレイになっています。

1日1話だと20話までたどり着くのに、結構時間がかかるので、離脱しかけました。

若葉七緒
久しぶりに読んだらどんな内容か忘れちゃったので、また1日1話読んでます。

web限定版と普通版がある

大きな違いはエロさの違いです。

web限定版

web限定版はものすごくエロイです。

この漫画は筋肉ムキムキなんです。

太ももの線とか、腹筋もバキバキです。

マッチョはマッチョなのですが、筋肉ありすぎなマッチョではないので、男って鍛えたらあんな体になるよなって感じの良い感じマッチョで、また脱いだ時の筋肉質な体がまた良いです。

BLならではの男ならではの激しい身体のぶつかり合いもあり、男の大事な部分は白抜きで加工されていたりします。

私は男の人の肩の筋肉の書き方が好きで、この漫画は色付きなので、ついつい見入ってしまします。

普通版

普通はエロ部分が大幅にカットされています。

私はモバイル版の存在しか知らず、後からweb版を読んだのですが、エロい部分はほとんどカットされていました。

カットされると、心の移り変わりの部分もカットされていることもあるので、ちょっと辻褄が合わないことが多いです。

でも、ピッコマには良かった時に押すハートがあるのですが、普通版の方が遥かに多いです。

web版を知らないのか、エロい部分が苦手な人が多いのかもしれませんね。

若葉七緒
私はエロい=愛だと考えているのでエロいの大歓迎です。
スポンサーリンク

「アツく抱きしめて」の見どころ

Daniel RecheによるPixabayからの画像

最初は他の漫画のついでに読んでおこうかな?っという感じでした。

普通版がいまいちだったので、しばらく読んでなかったのですが、久しぶりに読んでみるとおもしろい。

久しぶり+1日1話しか読めないので、web版でストーリーを読み直しました。

そしたら、web限定版の方が私は好みですね。

細かい心の描写もカットされていて、少し物足りないです。

若葉七緒
最初からweb限定版を読みたかったな。

私の一押しは「愛してる」という言葉の出しどころです。

今までの2人の出会いから、思いが通じ合うまでを振り返り、どこで出会い、どういう思いで好きになったのかを振り返った時に「愛してる」。

もうグッときました。

韓国漫画は「愛してる」という言葉の出し方がうまい。

フルカラーだから周りの背景や顔色から愛があふれ出ていました。

もう何度も見直してしまいました。

エロイのは愛があるからで、決してヤルだけが愛ではありません。

最初はお互いを利用するだけの関係でしたが、お互いの心に触れ、お互いがお互いを必要とする仲になる愛の軌跡が見どころです。

若葉七緒
韓国ドラマにハマるのも時間の問題かも。
ピッコマ

ピッコマ

Kakao Japan Corp.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事