エコプロコートがきっかけ。6カ月経過した床は傷はつくが剥がれはなし

エコプロコートのUVコーティングを新築の我が家に施しました。

床のコーティングは安いものではないので、施工するか迷いますが、その判断材料としてください。

6カ月経過した床の状態

床は今もピカピカです。

細かい傷は生活していく上で避けられませんが、たとえ傷がついていたとしても床にはいつくばって見なければ分かりません。

例えばこんな傷

何か重いものを落とした時に付いた傷です。

 

発見者
コーティング剥げてるじゃん!
キズも付いてるじゃん!

 

若葉七緒
安心してください。
“コーティング”は剥げていませんよ。

コーティングはしっかりついたまま、床がへこんでいました。

いくら硬度の高いコーティングだからといって全く傷がつかないわけではありません。

床そのもののが傷つくような衝撃はコーティングでもカバーしきれないです。

だから、これは床そのものがへこんでいるんです。

若葉七緒
まぁ、当たり前ですよね。
それが嫌ならい大理石の上に住めって話ですよね(笑)

遠目で

見た床

あんまりわかりませんよね?

他にも浅い傷や長細い傷なども多々ありますが、遠目から見ると全然目立ちません。

電気の光も反射してるし、周りの物が映りこむぐらいきれいです。

ここが困るエコプロコートのUVコーティング

6カ月経過して思ったことは床の手入れがちょっと特殊?な所です。

メンテナンスは楽なんですけどね。

油のとびはねが拭きとりにくい

揚げ物した時ってどうしても油が床に飛び散るもの。

 

エコプロコートのUVコーティングは油も弾きます。

 

弾くのは良いのですが、床についた油をふき取るのが意外に大変。

 

カラ拭きだと油を伸ばすだけで、ふき取ったあと、汚らしい感じになります。

 

若葉七緒
油が床に落ちた場合は必ず水拭きですね。

クイックルワイパーと相性が悪い

我が家はクイックルワイパーで掃除機をかけない時は軽くクイックルワイパーをかけます。

 

でも、クイックルワイパー専用のカラ拭き用のシートも、水拭き用シートも相性が悪い。

 

落ちている髪の毛はシートに絡みつくことなくクイックルで押し寄せる漢字になってしまって、シートが役立たずです。

 

これはクイックルが悪いのではなくてエコプロコートのUVコーティングがつるつる過ぎて凸凹シートが役目を果たせていないため。

 

普段のお手入れの方法としては掃除機をかけて、水拭きが一番ですが、しゃがむのが辛い。

若葉七緒
我が家は拭き掃除もできるお掃除ロボットを使ってます。

若葉七緒
掃除と水拭き同時にできるので、食べこぼしなども1度で掃除できます。

子供のいる家庭では食べこぼしは当たり前で床は汚れやすいものです。

 

お掃除ロボットのおかげで掃除が終わった後はいつも床がピカピカで気持ちいです。

 

クイックルワイパーはコーティングしていないところで活躍しています。

 

お掃除ロボットもお高いので、なかなか買えないという場合は激安のワックスが入っていないフロア用のお掃除シートで大丈夫です。

シールが剥がしにくい

子供達が落としたシールなどが結構取りにくいです。

 

あまりゴシゴシこすってコーティングが剥がれても嫌なのでなるべく慎重に剥がすようにしています。

スポンサーリンク

6カ月経過してUVコーティングあり?なし?

イヤ、絶対ありでしょ!

 

とくにまだ小さい子供がいる家庭では絶対やった方が良いと思います。

 

やってなかったら今頃床は小さい傷でいっぱいでしょうね。

 

それが積み重なっていくと20年後にはどうでしょうか?

 

容易に想像できますね。

 

子供に床に物を落とすな!なんて言っても聞けるはずもなく。

 

もう、ガンガン落としてます。

 

食べこぼすな?っも無理な話です。

 

おかげで子供がお茶をこぼしたりしてもUVコーティングをしていれば床が水を吸い込みにくいので手入れが楽だし、もし、剥げてしまっても手直ししてもらえます。

施工は職人の腕次第

いくら良い材料、良い機材を使っても施工する職人がそれを使いこなせなければ意味がありません。

 

UVコーティングに限らず何事でもそうですが、職人の技術の差で仕上がりが変わってくるようです。

 

我が家の場合は新築だったので、気を遣ってくれたのかな?

 

とても良い仕上がりに仕上げてくれたと思います。

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事