前駆陣痛がきっかけ。35週からちょうど2週間後に陣痛(破水)につながりました

35週0日に最初の前駆陣痛を感じた若葉七緒です。

これは3人目だからお腹への痛みが敏感に感じ取れるのかもしれませんが、それからちょうど2週間で破水してしまいました。

前駆陣痛は36週から始まるとされていますが、私みたいに35週頃から始まる人もいます。

始まる時期もバラバラで中には1カ月以上前から前駆陣痛を感じている方もいるようです。

前駆陣痛とお腹の張りの違い

実際、経験してみて私が感じたことですが、前駆陣痛とお腹がただ張っている痛みには少し違いがあるように思いました。

前駆陣痛による痛みの感じ方

前駆陣痛は主に夜にきます。

お腹が締め付けられる感じではなく、子宮の当たり(下腹部)がしめつけられる感じがしました。

1日に何回もお腹が張ります。

1度起こると徐々に強くなったり、弱くなったりを繰り返して10分以上続くこともあります。

お腹の張っているだけの痛みの感じ方

動きすぎたり、ずっと立ちっぱなしだったり、昼夜問わず時々痛みます。

お腹が張り出したらお腹全体が痛くなったり、一部が痛くなったりします。

痛みは徐々に強くなっていき、ピークを迎えると張りや痛みも治まってきます。

長く張るようなら病院へ当たり前のことですが、お腹がずっと張っていて治まらない時には即病院へ。

 

35週で前駆陣痛がきても大丈夫なの?

人によって前駆陣痛を感じ始めてから出産までの期間は違うので大丈夫かどうかは一概には言えません。

私の場合は35週0日で前駆陣痛を感じ始め、36週6日で夜中に破水しました。

正規産が37週0日~41週6日までですから私は夜中に破水しなかったら早産でした。

ギリギリセーフっと言ったところです。

しかし、36週6日というギリギリなところで破水してしまうと陣痛がなかなか来ません。

病院のベッドで陣痛を待っていたのですが、陣痛は頻繁にあるものの、本陣痛につながるような強い陣痛がなかなか来ない。

時計とみらめっこして、陣痛の間隔が5分になったと思ったら10分と遠のいたり。

3分ぐらいで来たと思ったらまた遠のいたり。

破水しているので陣痛の度に羊水が流れ出ています。

お腹の赤ちゃんは羊水がなくなってきてもある程度の時間生きてられるという1人目の知識があったのでそんなに不安には感じていなかったのですが。

本陣痛がなかなか来ないし、羊水も少なくなってきたので、「緊急血王切開」になってしましました。

スポンサーリンク

前駆陣痛が来たらまず考えること

前駆陣痛が来たらまず、今妊娠何週かを考えることです。

正規産に入っていれば問題ありません。

しかし、私みたいに正規産に入っていない週数で前駆陣痛を感じ始めたら少し注意して過ごしましょう。

若葉七緒
まだ出てこないで・・・。

私は3人目っということもあって上の子達の面倒を見るので手一杯でした。

35週に前駆陣痛がきたけれど、あまり体を休ませる暇がありませんでした。

その結果、きっちり2週間で破水。

私は破水からでしか出産したことがないので破水したことは仕方ないのですが、もう少し家事や育児をさぼっていればお腹の中にもう少しの間だけいてもらうことができたのではないかと思える節があります。

正規産前に前駆陣痛を感じたらしない方が良いこと

  • 自転車に関わらない

自転車ですが、乗らなければOKっというわけではありません。

妊婦の体ってとても疲れやすいし、足元も見えにくい。

私は買い物袋を乗せるために自転車を押していたのですが、しんどいので自転車が何かにぶつかり倒れてしまいました。

お腹に衝撃があったわけではないですが、自転車を支える時に力が入っていました。

落ちた荷物を拾う動作も妊婦にはしんどいです。

そして私はその日の夜、破水しました。

 

  • 家事や掃除はできれば手抜きをする

とくに掃除は手を抜いてください。

掃除機って結構重いし、ものをどけたりしゃがんだり、結構しんどい動きをします。

1人目と2人目はいずれも掃除機をかけた日に破水しました。

 

  • なるべく外出しない

買い物や上の子達が保育園や幼稚園に行っている場合、どうしても外にでなければなりません。

外出しないことは無理ですが、なるべく短時間でした方が無難です。

 

若葉七緒
1日でも長くお腹の中に居させてあげなくては。

 

検診で子宮口が開いていないと言われても安心しないで

3人共破水からの出産経験者ですが、検診で子宮口が柔らかくなってきていると言われたことがありません。

どちらかというと「子宮口がしっかり閉じている」「お産はまだ先になりそう」なんて言われていました。

ところがどっこい、全て破水。

破水ですから子宮口が柔らかくなってきているとか関係ないのです。

正規産で産んだ時は子宮口を刺激したらすぐに破水してしまっていたので、医師のテクニックがすごいってことですかね?

 

その後の赤ちゃんの様子は

37週0日に産んだ我が子は2520gで産まれました。

週数的には正規産ですが、その中でも週数が早かったので、産まれてくるときは2500gないかもしれないっと医師から言われていました。

でも、ぎりぎりでも2500gあって良かったです。

体重も大事ですが週数も大事です。

36週で2800gで産まれてきた赤ちゃんと37週で2500gで産まれてきた赤ちゃんのどちらが良いかというとやはり37週で産まれてきた方が赤ちゃんの方がしっかりしているし、元気があるそうです。

だから1日でも長くお腹の中に居させてあげた方が良いのです。

産まれてきたときは小さかった我が子ですが、1カ月検診の時には標準の新生児と同じように育ってくれました。

その後も今、成長曲線のど真ん中を走っています。

若葉七緒
私が言えたことではないですが、お産が近くなってきたらなるべく体力仕事をしないようにしてください。

若葉七緒
それにしてもよく無事に産まれてきてくれたよなぁ~。
スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事