赤ちゃんの熱がきっかけ。初めての発熱は熱が下がりにくい。お世話のポイント

赤ちゃんの発熱は親ならば必ず心配になります。

とくに、初めての発熱は赤ちゃんの抵抗力もないので、熱も下がりにくいので、知識をつけて対処したいものです。

 

若葉七緒

最初の発熱って赤ちゃんもしんどそうだし、熱も下がりにくいので、看病するのも大変なんですよね~。

お願いだから早く熱下がってーーー。っと思うばかりです。

そもそも熱ってなんで出るの?

ご存知だと思いますが、「熱」は身体の防衛反応です。

病原体であるウイルスや細菌が体内に入るとそれと戦う白血球が働きやすい環境にするために人間の体は熱を上げて戦っています。

病原体が活動しにくい環境を作り、病原体の増殖を防ぎます。

このことから発熱は身体を守る防衛反応なのです。

 

熱が出たときの対処法

熱が出た=すぐに病院に行くはNG

赤ちゃんの熱が出たらすぐに小児科に行きたくなりますが、熱が出てもすぐに病院に行かなくても良いです。

熱は身体の防衛反応でもあるので熱が出たらすぐに下げようとするのではなくて、逆に熱を上げて温めてあげる必要があります。

手足が冷たければ温めてあげる

熱が出ると出始めや、熱が上がりきっていない場合、手足が冷たくなります。

その時は子供、もしくは赤ちゃんは体温調節がまだ上手ではないので、毛布や衣類などで調節してあげる必要があります。

座薬は極力使わない

赤ちゃんが発熱した場合、医師から坐薬が出されることもありますが、極力使わないようにしてください。

熱は身体の防衛反応なので、使いすぎると体も体温を上げられずに十分に病原体と戦う事ができません。

 

座薬を使うポイント

  • 赤ちゃんがミルクや母乳を飲めない
  • ぐったりしている
  • 38.5℃以上の熱が出ている
  • 発熱から3日経っても熱が一向に下がらない

坐薬は使わず、体の抵抗力で下げてもらうことが一番ですが、赤ちゃんに元気がなく熱で夜も眠れないなど辛い状態が続く場合、体力の消耗を防ぐために座薬を使用してください。

病院で処方された薬はなるべく飲み切る

病院で処方された薬は体重に見合った量を調合されているため、効き目や出やすいです。

しかも、子供が極力好きな甘めの味なため子供も飲みやすいです。

しかし、初めての薬ですんなり飲んでくれれは良いのですが、嫌がる子も中にはいます。

絶対に飲ませなきゃ!!っと思わず、症状が軽くなって機嫌も良いなら無理に全部の飲ませなくても良いのです。

スポンサーリンク

赤ちゃんに薬を飲ませる方法

1薬と相性の良い食べ物や飲み物に混ぜて飲ませる

処方された薬によっては相性が悪くて苦くなってしまうものもあります。

特に赤ちゃんや子供に処方される抗生剤は柑橘系のジュース、乳製品などと相性が悪いのです。

若葉七緒

飲み薬と粉薬は混ぜて飲ませることができます。

*薬によってちがうので薬剤師さんに要確認

 

2お薬飲めたねなどを使ってみる

私は使ったことないのですが、気になる商品です。

調剤薬局などに店頭に置いてあることが多い商品です。

嫌がる子供に薬を飲ませることは一苦労なのでこういった商品を使っても良いと思います。

7~8カ月頃から飲めるそうです。

3月齢の低い赤ちゃんはスポイトなどで流し込む

調剤薬局などでスポイトがもらえますので、少しずつ飲ませてください。

もし、もらえなかった場合はスプーンやコップで飲んでもらうか、百円均一で調達するかですね。

若葉七緒

月齢が小さい赤ちゃんはとくにお薬は嫌がります。

その時は転がっている我が子にスプーンやスポイトで流し込んでました。

薬には眠くなる成分も含まれいるので、寝れなくて泣いている間は飲ませた方が良いです。

発熱中の赤ちゃんのお世話はここが大変

赤ちゃんはまだ自分の意志で手足さえ動かせないわけですから、泣いてアピールするしかないわけです。

熱が出るととにかくぐずります。

熱の出初めはとくに何事もなく遊んでいます。

しかし、咳やくしゃみなどが出はじめた場合、不快感があるのか朝・昼・晩関係なしにぐずります。

やっと寝付いたと思ったら30分たらずに起きたり。

夜になったら寝付けないと泣き。

咳が出て寝付けない場合、新生児の頃のように夜泣きが続きます。

赤ちゃんの初めの発熱は3日は続き、少し高い時間帯(夕方)と低い時間帯(朝方)ができてきて、熱が徐々に下がっていきます。

徐々にぐずることも少なくなってくるのでここは絶えてください。

風邪を引くと下痢をすることが多いのでおむつからうんちが出ることにも対処しておきたいものです。

若葉七緒

咳やくしゃみは薬で抑えられますので、小児科に行った方が良いですね。

薬を飲んだ後は子供も楽になるのか、機嫌も良くなります。

すぐに病院を受診した方が良い目安

  • 38.5℃以上の熱がある
  • 嘔吐や下痢をしている
  • ぐったりしてミルクや母乳を飲めない
  • 咳やくしゃみが酷い
  • 発疹が出ている

嘔吐や下痢をしている場合、胃腸炎などの可能性が。

発疹が出ている場合は突発性発疹などの他、はしかなどの病気も考えられますので、迷わず受診してください。

病院を受診する際の持ち物
  • 子供用マスク
  • ゴミ袋2枚
  • おむつ2枚
  • 着替え用の服
  • タオル

子供が下痢や吐いた時などの対策に用意していくと便利です。

若葉七緒
初めての発熱はとても焦りますが成長の一過程ですので、どんと構えたいものです。

 

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事