3人出産、全員前期破水からの出産がきっかけ。予定日が近くなったら破水へ備えよう

3人出産して、出産の兆候が全員「破水」からだった経産婦の若葉七緒です

出産予定日が近づいてきたら誰もが陣痛からの出産ですが、破水からの出産って意外に珍しくありません。

お産は1人1人違う。

何人産んでも違う。

っと言われますが、私の場合、皆同じ3人共「前期破水」からでした。

破水にも色々なものがあって、少しずつ羊水が出るもの。

バシャッと風船が割れたときのように羊水が流れ出るもの。

破水の程度によって出産の進み具合も違います。

知ってるのと知らないのとでは対処のスピードが全然違うので、知識を増やしてスピーディーに対応したいですね。

スポンサーリンク

前期破水

卵膜が破れて、中の羊水が外に流れ出てしまうことを破水と言います。

前期破水は妊婦全体の約1割から2割の人が経験しており、珍しいものではありません。

陣痛から始まる「早期破水」とは異なり、陣痛が始まる前におこるのが特徴です。

陣痛を伴っていない状態のため、破水した後も分娩につながらないことがあります。

破水の後、陣痛がなかなか始まらないと、子宮内感染を起こし、赤ちゃんにも感染が及ぶことがあります。

※感染を予防するために抗生剤を飲み、感染を予防します。

若葉七緒

1人目の時、陣痛が来るまでに時間がかかったので赤ちゃんが、出生3日目で発熱。

産まれたばかりの赤ちゃんは更なる感染症予防のために点滴につながれました。

点滴につながれながらの授乳はものすごく悲しかったです。

熱が下がらなければ一緒に退院できないとも言われ、病室で1人泣いていたのを覚えています。

前期破水した時の心得

1焦らない

破水の程度にもよりますが、破水したらまだ出産までは数時間、人によっては1日以上かかることもあるので、焦りは禁物です。

もちろん、破水直後は陣痛もないので普通に動けます。

急いだほうがいいには越したことはないのですが、本陣痛はその数時間後なので、そう考えると落ち着けますね。

調子に乗って動きすぎると子宮口が開きやすいくなります。

赤ちゃんも降りてきやすくなるので動作はゆっくり、おしりに力入れながら歩くようにしてください。

若葉七緒

私も破水直後は陣痛はあまりありませんでした。

 

軽い生理痛程度です。

 

その間に病院の連絡先・病院への交通手段・入院中の持ち物をチェック。

 

入院中の上の子達のお泊りのセットをしたりと普通に動き回ってました。

 

私の場合、破水してから病院まで徒歩でいきました。

 

病院まで10分、15分の距離だったので、タクシー捕まえるより早かったです。

 

油断は禁物ですけどね。

 

尿漏れか破水か迷ってる

妊娠中は骨盤が緩んでるので、尿漏れはよくあることです。

尿漏れの場合は自力で止められますが、羊水の場合には止められません。

破水だった場合、だんだんと羊水が出る量が増えてくるので、あきらかに尿漏れとは違います。

よく観察していたら分かるので、病院に連絡するのはその後でもいいですね。

私は羊水の色が白濁色だったので、トイレに行ったらあきらかに尿の色とは違いました。

シャワー・ウォシュレットは使用しない

破水は生臭い、独特の臭い(人によって違う)がするのでついシャワーを浴びたくなりますが・・・。

ちょっと待った!!

破水したら感染予防のためにもシャワーやウォシュレットは厳禁です。

口コミではシャワーを浴びてしまったとい方もいるようですが、無事出産されてますので、万が一浴びてしまっても大丈夫みたいです。

当てはまる人は前期破水しやすい人かも!?

  1. 体が小さい人
  2. 経産婦
  3. 前日・当日に少し激しい運動をしてしまった人
  4. 内診で刺激された人

当てはまっても破水しないという人もいると思いますが、確率は上がると思います。

1体が小さい人

私は身長150cmと小柄なためか、破水しやすい人みたいです。

やっぱりお腹も大きくなるのに限界があるようで、子宮にも大きくなる限界があります。

身長150cm以下の小柄な女性は骨盤が狭いため赤ちゃんを自然分娩することができないと言われています。

医師の判断でレントゲンで赤ちゃんが無事、通り抜けられるかを検査する必要があることもあります。

もともと体が小さい人は赤ちゃんを育てられるスペースや耐えられる重量も少ないのです。

経産婦

経産婦は初産婦と違って出産を経験してますから、お腹が大きくなりやすいです。

上の子とあまり年が離れていなければ、上の子のお世話で忙しいのでその影響もあります。

そして破水してから陣痛につながるまでの時間も早いのです。

私は、1人目の破水の時は寝ていて立ち上がった時にドバッーーっと大量に破水。

それから陣痛がくるまで半日以上かかりましたが、自然分娩で出産しました。

初産婦だったので陣痛が来るのが遅かったのです。

2人目以降はチョロチョロと流れ出て、トイレに駆け込めるぐらいの量でした。

初めは尿漏れ?っと思いトイレに行くのですが、さっきトイレに行ったのにまたトイレに行きたくなるような状態が続いたので破水だと確信できました。

経産婦なので2人目は破水してから5時間半のスピード出産でした。

前日・当日に激しい運動をしてしまった人

妊婦なので運動を進んでしようという人は少ないと思います。

お腹が大きくなると下のものを取るのにも一苦労。

部屋の掃除のために掃除機をかけるだけでも結構な運動になります。

35週を過ぎてからは極力動かない方が安全です。

内診で刺激された人

正規産が近づいてきたら医師から内診で子宮口を刺激されます。

出産経験者なら誰もが経験したことがると思いますが、あれって結構痛い!!

子宮口を開きやすくするそうなのですが、私は内診をグリグリしてもらったら1週間以内に破水しています。

なのであの内診は効果覿面です。

赤ちゃんは羊水がなくても生きていられるのか不安になりますが、胎動を感じることができれば安心だと言われ、胸をなで下ろした次第でございます。

陣痛がくるまで旦那と普通におしゃべりもできます。

でもその間も羊水は流れ出ているので生理用ナプキンは必須です。

若葉七緒

2人目以降は一応、正規産で出産しましたが、2人とも約2500gと小柄でした。

 

これはおそらく経産婦だから子宮の伸びが良いので破水しやすいのではないでしょうか?

 

それと上の子のお世話でジッとしていることも難しいですしね。

 

前期破水への備え

出産は月の満ち欠け、潮の満ち引きなども関係しているためか(科学的には証明されていない説)夜中に起こる割合が高いそうです。

私も3人とも22時~3時頃の間で前期破水しています。

1人目が破水だったので、今度は陣痛からかな?っと思っていたら2人目も破水。

3人目も一応陣痛に備えていたのですが、3人目も破水でした。

2人目以降、夜も眠れないほど前駆陣痛がありましたので、その影響もあるように思います。

私は1人目が結構、床がビショビショになるくらいの大量の破水だったので、破水した時の備えに夜用の生理用ナプキンを常備して持ち歩いていました。

でも大量に破水してしまうとこの夜用のナプキンでも足りないので意味ないですけどね。

昼間に破水する可能性はなくはないで、一応夜用ナプキンとタオルなんかは常に持ち歩くことをおすすめしたいと思います。

スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク
おすすめの記事