絵本がきっかけ。「100かいだてのいえ」は見開きいっぱいの絵と物語がユニーク

「100かいだてのいえ」を読みました。

「100かいだてのいえ」は読もうとしても先に進めないユーモアな絵本です。

寝かしつけより、子供とのコミュニケーションが取れる絵本なので、昼間に読むことをおすすめします。

感想や考察、おすすめポイントなど、子どもたちの反応などを書いています。

クルミ
10階ずつ、見開きいっぱいに絵が描かれているので、みどころ満載です。

「100かいだてのいえ」のはじまり

100かいだてのいえの主人公トチくん

「100かいだてのいえ」の主人公はトチくんという男の子。

ある日突然、手紙をもらいます。

手紙には100かいだてのいえに遊びに来てほしいとのお誘いが。

そんな家あったっけ?

ふしぎに思いつつも、なんだかおもしろそう。

手紙に誘われて、トチくんは100かいだての家に遊びに行くことにしました。

100かいだのいえに着くと、上の方がかんでいてよく見えません。

1階に入ってみるとねずみさんが住んでいます。

ここはねずみさんのお家でしょうか?

階を進むごとに違う生き物が住んでいて、みんな色々なことをして過ごしています。

さて、手紙をくれたのはどんな動物?

一番上にはいったい誰が住んでいるのでしょうか?

「100かいだてのいえ」のお気に入りのシーン

100かいだてのいえの住人コウモリ

この絵本はたてながの絵本で、縦開きにお話がすすんでいきます。

見開きいっぱいに10階分のお家の様子がえがかれていて、1階、1階、ごとに物語があります。

水あびをしているカエルさんだったり。

女王バチにお願い事を頼まれたり。

時にはごちそうになり。

こうもりに血をすわれそうになったり。

わが子のお気に入りはコウモリさんの階でした。

子供
トイレがさかさまだ!
クルミ
コウモリに興味津々です。

子供たちの反応と絵本の効果

100かいだてのいえの絵本の表紙
子供
1,2,3・・・・60・・・。
次はなんの数字だったっけ。

この絵本を読むためには100まで数字を数えなくてはなりません。

60ぐらいまでしか数えられない我が子は100階にたどりつくために必死に数を数えていました。

子供がすすんで数を数えたくなる絵本でもあります。

子供
次は何の動物?

周りで遊んでいた子供も、お話が気になって読みに来ました。

上の階にいくごとに、好きな動物や知っている動物がでてきて、過ごしている部屋の中の動物に興味津々でした。

3歳の子に100まで数えることは難しいかもしれませんが、数字に興味が出て、動物にも興味が湧く絵本です。

「100かいだてのいえ」のおすすめポイント

1階ごとに物語があり、そこからまた絵本の物語がはじまりそうな気さえします。

絵がとてもすてきで、作者の画力にひきこまれて、ついつい細かくみてしまいがちです。

お話は進めたいけど、子供に「これはなになにをしているの?」っとつっこまれ、なかなか読み進められない。

親である私も、じっくりみたいと思ってしまう、そんな絵本です。

絵にあそび心があって、そのユニークさに魅力を感じます。

この絵本のおすすめポイントは子供が夢中になって数を数えてしまうところ。

数字のお勉強にもなります。

この絵本は、1階、1階、部屋のなかで過ごしている動物たちがどれも個性的で魅力的なので、とばして読んでいられません。

ついつい立ち止まってしまう。

読み始めると止まらずにはいられません。

まるで魔法にかかったようですね。

ねかしつけよりも、ワイワイした雰囲気で読むとよりいっそう、絵本が楽しめます。

子供とのコミュニケーションもとれる絵本でもあると思います。

そして、忘れてはいけない、100かいだてのいえの最上階、100階に住む動物は・・・・。

ネタバレしてしまってはおもしろくないので、ここではふれないでおこうと思います。

これはお子さんと一緒に誰だろう?っと予想しながら、絵本を読むと楽しいですね。

「100かいだてのいえ」の絵本情報

WEB絵本などもありますが、この絵本は絶対に紙で買うべき絵本です。

100かいだてのいえの最大の特徴は見開きいっぱいに描かれた絵の迫力です。

子供がめくるには少し大きめに作られている絵本ですが、絵やキャラクターの設定が細かいのにごちゃごちゃしていません。

見やすくするためにこの大きさなのだと思うので、パソコンなどの画面だと少々見にくくなると思います。

見るところがいっぱいあり、何度読み返しても飽きない。

読み返せば読み返すほど気づきがある、そんな絵本です。

誰が読んでも外れがないのでギフトなどで贈っても喜ばれます。

クルミ
シリーズ化してます。
スポンサーリンク
記事紹介
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事